会社概要

安全・安心でおいしい牛乳をお届けする「地産地消型」の事業

創業者久保政夫が昭和16年に八丈島から乳牛23頭をつれて砂谷村(現、広島県広島市佐伯区湯来町)に帰郷し、高原をたがやし酪農による新しい村づくりをめざしたのが始まりです。
良い土地にできた牧草で良い牛を育て、搾乳した乳は牧場内にある工場で殺菌処理し、安全・安心でおいしい牛乳をお客さまに届ける「宅配」方式を中心に「地産地消型」の事業を営んでいます。

商号 

所在地

砂谷株式会社 

湯来工場

〒738-0513 

広島市佐伯区湯来町大字伏谷1321番地

電話番号

フリーダイアル
FAX番号
サイトURL

創業

設立 

決算期 

0829-86-1009  

0120-5959-39
0829-86-2704
https://www.sagotani.net 

昭和25年 

昭和38年 

3月 

経営理念

​お客様に心身の健康をお届けする
全ての社員・パートナーの人生を豊かにする

お客様の毎日の生活に、私どもサゴタニグループの食品が心身ともに健康で食文化の
向上に役立つことを願い、新鮮で安全な食品を真心込めてお届けいたします。 その為、生産農家においても循環型農法による「土作り」「草作り」「牛作り」 そして「人づくり」に努めます。

サゴタニグループとは「生産」「処理(製造)」「販売」を指す

私どもサゴタニグループの食品とは
自社製造の牛乳、乳製品
自社で取扱う製品

心身ともに健康とは
消費者にとって価値のある食品を届ける
(健全な体に健全な精神は宿る)

食文化の向上とは
地場の方々へ新鮮な牛乳を届けるということを継続する

新鮮で安全とは
酪農家の拠点が一時間以内にあり、毎日集乳している
牛の健康、牛舎の衛生管理が行き届いている

真心を込めてとは
常に感謝の気持ちを持ち、宅配を中心としてお客様の立場でお届けする

循環型農法によるとは
牛糞を土にもどし、牧草を育て、牛に与える環境に優しいシステム

人づくりとは
同志づくりであり生・処・販の輪(信頼関係)
社内における人材育成
理念を理解し共鳴していただいた方に商品を購入していただく

砂谷のマークの由来

上下の円は天と大地を表し、中央のSはSAGOTANI(サゴタニ) 
の頭文字でもあり調和(バランス)を意味します。
砂谷のブルーは、水・命の源(真実・純粋・正直・素直・安全・安心)。
自然の循環の中で命をつなぎ育む企業精神であることを意味づけています。

​砂谷の酪農家

植田さん

​植田明義

木村耕一

久保峰夫

​久保正彦

久保アグリファーム

​河口俊二

古塚牧場共同利用草地

グループで管理する6ヘクタールの牧草地。会員相互が協力し合う。

関連会社

(株)久保アグリファーム

15ヘクタールの敷地 ・自家牧草90% ・搾乳牛約40頭 ・育成牛約40頭 ・合計約80頭

banner.png